メニュー

交通事故 - 十条王子法律事務所|十条、王子、東京都北区、板橋区、埼玉県を中心とした法律事務所

03-5944-6041事前予約制・初回相談は無料 事前予約により、土日祝日の相談も可能です。

業務内容 ご依頼の方法

アクセス 相談予約・お問合せ

十条王子法律事務所 TOP 業務内容 03-5944-6041事前予約制・初回相談は無料 事前予約により、土日祝日の相談も可能です。
ご依頼の方法 アクセス 相談予約・お問合せ

交通事故

交通事故案件について

 交通事故の被害者の代理人として、加害者(保険会社)との交渉、民事調停、訴訟などをしています。
 弁護士に依頼をすることにより、交通事故に関する難しい用語に悩まされることや、保険会社等との交渉の負担がなくなり、休業損害や慰謝料等を増額できることがあります。

交通事故に遭ったらどうすればよいのか。

 自身や家族の交通事故は、予期しないときに起こります。
 もし交通事故に遭ってしまったらどのようにすればよいのでしょうか。
 事故直後は、心身の痛みや衝撃でパニックになることがありますが、まずは、自身または周囲の人により警察に連絡をしましょう。
 これにより作成される交通事故証明書や、後に作成される実況見分調書は、事故後に交渉や裁判をするうえで重要な資料になります。また、事故の現場や壊れた自動車の箇所等の写真を撮ることにより、そのときの状況を記録しておくようにしましょう。事故により、どのような怪我をして、どこにどのような痛みなどがあるか、できれば毎日メモをとるようにし、患部の写真などを撮影しておくことも有益です。
 交通事故で傷害を負ってしまった被害者は、加害者に対して、治療費、付添費、交通費、入院雑費等の実際にかかった費用を請求できるほか、怪我の状態や状況いかんでは、休業損害、後遺症逸失利益、入通院慰謝料、後遺症慰謝料等を請求することができます。
 治療を継続してもこれ以上改善が見込めない状態のことを「症状固定」といいますが、症状固定時には、医者で後遺症の診断をしてもらい、後遺症があると診断された場合には、後遺症逸失利益や後遺症慰謝料等の請求をすることが可能となります。
 保険会社から慰謝料等について一定の金額が提示されることがありますが、弁護士を通して損害額の算定や保険会社との交渉をすることにより、より高い金額を支払ってもらうことが可能になることもありますので、保険会社の金額提示や算定根拠等に不安があるときには、弁護士に相談することをお勧めします。
 各項目に関する損害賠償額について合意をした場合には、加害者(保険会社)との間で示談書(和解契約)を締結するのが一般的です。
 交渉ができないときや、損害賠償額で合意ができないときには、他の解決方法(民事調停、紛争処理センターの利用、訴訟など)も検討することになります。