メニュー

弁護士紹介 - 十条王子法律事務所|十条、王子、東京都北区、板橋区、埼玉県を中心とした法律事務所

03-5944-6041事前予約制・初回相談は無料 事前予約により、土日祝日の相談も可能です。

業務内容 ご依頼の方法

アクセス 相談予約・お問合せ

十条王子法律事務所 TOP 業務内容 03-5944-6041事前予約制・初回相談は無料 事前予約により、土日祝日の相談も可能です。
ご依頼の方法 アクセス 相談予約・お問合せ

弁護士紹介

金ヶ崎 絵美

 

IMG 5073

弁護士 金ヶ崎 絵美 かながさき えみ

  当事務所では、個人の方、事業者・企業の方から、様々な分野のご相談を受けています。
 特に、以下のようなご相談・ご依頼を受けることが多くあります。
 ・ 離婚、親権、養育費、子ども、婚姻費用等を含む夫婦間の問題
   ・ 遺産分割、相続放棄、遺留分減殺請求等の相続に関わる問題
   ・ 解雇、退職勧奨、残業代請求、パワハラ、セクハラ、
       職場いじめ等のハラスメント問題を含む労働問題
 ・ 金銭消費貸借、売買、請負、賃貸借等の契約に関わる問題
 ・ 各種債権回収
 ・ 土地・建物の明渡し請求等の不動産に関する問題
 ・ 契約書・規約の作成、コンプライアンス・事業承継等に関する問題
 問題解決のためには、交渉、調停、審判、訴訟等、様々な方法をとることが可能であり、争うことだけが解決手段になるものでもありません。
 依頼者が真に求めていることを十分にお聞きしたうえで、解決方法や解決までの道筋をご説明し、依頼者と共に問題点を解決していくことを心がけています。
 弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命としています(弁護士法1条)。かかる役割を果たせるよう、一人一人の個性や価値観を尊重し(憲法13条)、ダイバーシティ社会を実現するための活動もしています。

  • 東京大学大学院法学政治学研究科修了
  • 大宮法科大学院大学(夜間)修了
  • 企業の法務部等で働き弁護士になる。
  • 都内の法律事務所で一般民事案件や
    企業・事業者の問題に幅広く取り組む。
  • 当事務所開設

  第二東京弁護士会所属

  • 2018年~NIBEN若手フォーラム副委員長
  • 2017年 第二東京弁護士会常議員会常議員
  • 2017年~非弁護士取締委員会
        (第二東京弁護士会)
  • 2017年~日弁連機関誌「自由と正義」
          編集委員会委員
  • 2017年~北区ひとり親家庭等法律相談員
  • 2015年 第二東京弁護士会常議員会常議員
  • 2014年 消費者問題対策委員会
        (第二東京弁護士会)
  • 『ここがターニングポイント!フローチャート失敗事例から学ぶ職場のメンタル不調防止対策』(第一法規株式会社、2017年3月)
  • 『インターネット消費者相談Q&A〔第4版〕』
    (共著、第二東京弁護士会消費者問題対策委員会編、民事法研究会、2014年4月)
  • 「裁判例を通して学ぶ 職場のメンタル不調防止対策~原因や防止方法を探るとともに労働法上の問題点を詳しく解説~」(一般社団法人企業研究会、2017年11月20日)
  • 「LGBTと新しい家族のかたち」にて、養子縁組や里親制度等について解説(2017年8月27日)
    「子どもの未来を考えよう」にて、里親に関する基礎知識等について解説(2018年3月11日)
    「LGBTとダイバーシティ」にて、多様性社会、同性婚、憲法・法制度等について解説(2018年11月17日)
    (Rainbow Tokyo北区主催)
  • 2016年4月27日 日本経済新聞朝刊
    『マネー&インベストメント(M&I)』「もしものホーム法務」に、労働問題(解雇)に関する法律コメントが掲載されました。
  • 2016年1月28日 フジテレビ「ホウドウキョク」『あしたのコンパス』
    パワハラ・セクハラ・マタハラ等のハラスメント問題に関する電話インタビューを受けました。
  • 2015年6月21日 産経新聞朝刊

    2面「総合」に、公務員の労働問題に関する法律コメントが掲載されました。

  • 2015年3月4日 日本経済新聞朝刊

    『マネー&インベストメント(M&I)』「もしものホーム法務」に、インターネット取引の問題に関する法律コメントが掲載されました。

宮城 知佳

 

miyagi600

弁護士

宮城 知佳

みやぎちか

 海外で旅をすると、慣れない文化圏で自分の主張をし、認めてもらうことの難しさを実感しますが、日本では、そのような困難をはるかに上回る、過酷な環境にいる外国人の方がたくさんいます。
 外国人材に関する法律が成立し、これからより多くの外国人の方が日本で暮らすことになると思われます。この方々がこの国に二度と来たくないと思いながら母国へ戻っていくということがないよう、技能実習生や日本人の配偶者など、外国人の方からのご相談もお受けしていきたいと思っております。
 もちろん、日本人の方からのご相談やご依頼もお受けしています。依頼者に対して、誠実な弁護士でありたいと考えています。
 私は、美術館で作品を鑑賞するのが好きで、旅行先でも、美術館があると一日中入り浸ってしまいます。これからもたくさんの作品に出会いたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 沖縄県立開邦高等学校 理数科 卒業
  • 中央大学 法学部法律学科 卒業
  • 中央大学法科大学院 修了
  • 弁護士登録後、当事務所に入所

 

 東京弁護士会所属

  • 活動:外国人に関する委員会や勉強会に所属
  • 趣味:読書、映画鑑賞、旅、美術鑑賞
       三線の演奏
  • 特技:聴いた話を長い間覚えていること